ラメラ構造とは

人の表皮はラメラ構造(Lamellar structure)という構造を持っている。

 

ラメラというのは、小さなプレートやフレーク(薄片)のことで、小さなプレートや薄っぺらいモノが集まってできているのが、ラメラ構造と言うことらしい。

 

小さなプレートやフレークと言われてもピンとこないが、凄く薄っぺらい麻雀パイとか、コーンフレークみたいなモノという感じかな。

 

こういう小さなモノが折り重なってできているのが、ラメラ構造って事らしい。

 

紅葉の時期に山に入ると、キレイな落ち葉がたくさん地面の上にあって、幾重もの層を作っているけれど、ああいう感じかな。

 

一方、化学分野では、2種類の異なる素材が、非常に薄く張り合わさっている構造を、特にラメラ構造と呼んでいる。

 

液晶テレビなどに使われる液晶も、小さな長方形の液晶がずらっと並んでいて、それをガラスやPETなどの素材で挟み込んでいるので、ラメラ構造の一種らしい。

 

ラメラ構造自体は、よくある構造であって、特にそれがどうした?という程度のモノだ。

 

ところが人間の皮膚のラメラ構造は、ちょっと意味合いが違う。

 

というのも人間の皮膚のラメラ構造は、表面に近付くほど壊れていくからだ。


人間の皮膚のラメラ構造は、工業製品とは異なり、非常に壊れやすい構造だ。

 

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織という3つの層から成っているが、外側から0.2ミリあたりにある基底層で、ラメラが作られる。

 

皮膚のラメラというのは、簡単に言うと「ケラチナサイト」(角質細胞)という細胞だ。

 

ケラチナサイトは、ケラチンという硬いタンパク質を作り出している細胞で、動物の角や鳥のくちばしなどもケラチンでできている。

 

ケラチンは「角質」とも呼ばれるが、これは「角の成分」という意味で、ケラチンの和名だ。

 

ただケラチンは角の他にも、多くの脊椎動物の皮膚にも普遍的にあって、魚の鱗(ウロコ)の成分でもある。

 

そのため、角の成分という狭い意味では、なんかよく分からん話になっている。

 

で、ケラチナサイトは面白いことに、ケラチンを十分に作り出したら、そこでもう役目を終えて死んでいく。

 

ケラチンを作ったら、それでお役御免なので、細胞核がアポトーシスという細胞死を起こす。

 

ケラチナサイトが死んだ後、細胞膜にあったセラミド脂質が、ケラチンをしっかり固定する

 

そしてセラミド脂質の層と層の間には、水分の層ができて、これが20〜30層くらいのラメラ構造を作る。

 

このラメラ構造がキレイにできていると、皮膚から水分が逃げずに、皮膚がみずみずしく保たれる。

 

逆に言うとラメラ構造が乱れてしまうと、皮膚から水分がドンドン蒸発して、乾燥肌になるって事だね。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加