肌はゴシゴシ擦ってはいけない

肌の健康を考えるには、いかに肌を弱酸性に保つかが、重要なポイントになるらしい。

 

肌が弱アルカリ性になると、日和見菌のアクネ菌や、悪玉菌の黄色ブドウ球菌が増殖しやすく、皮膚のトラブルの原因になりやすいのだ。

 

で、肌を弱酸性に保つために重要なのが「汗をかくこと」と、「身体を洗いすぎない」ということだという。

 

というのも汗をかかないと善玉菌のエサがなくなるし、身体を洗いすぎると皮脂も流れてしまって、やはり善玉菌のエサがなくなる。

 

そうなると、皮膚が弱酸性に保てなくなり、黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が増殖しやすくなる。

 

また肌をゴシゴシ擦るのも良くないという。

 

というのもナイロンタオルやナイロンタオルなどでゴシゴシ身体を洗うと、皮膚の表面が傷つく。

 

皮膚が傷つくと、血液や浸出液(体液)が滲み出してくるのだが、これは弱アルカリ性の液体なので、皮膚の表面が弱酸性ではなくなる。

 

皮膚が弱アルカリに傾くと、悪玉菌が増えやすくなるし、傷んでザラザラになった皮膚は、悪玉菌が隠れる場所にもなってしまう。

 


AD発症(アトピー性皮膚炎)や痒疹といった皮膚病は、掻くと悪化することが分かっている。

 

なぜAD発症(アトピー性皮膚炎)や痒疹、あるいは掻痒症などの皮膚病が起こるのか、原因はあまりハッキリしていないが、悪化するのは皮膚に住む悪玉菌が原因だ。

 

症状が悪化する要因を、特に「憎悪因子」(ぞうおいんし)と呼ぶが、皮膚病にとって悪玉菌は、かなりの憎悪因子なのだ。

 

なので痒いからと言って、ボリボリと掻きむしると、悪玉菌に隠れ家を与え、弱アルカリ性の好環境を与えてしまう。

 

また、汚い手で患部を引っ掻くと、さらに新しい部分に飛び火して、皮膚炎がどんどん拡がって言ってしまう。

 

痒みを完璧に抑えてしまうのは、ほとんど不可能に近いので、とにかく皮膚病が拡がらないように、拡がってもすぐに押さえられるように、抗菌活動が重要だってことだろう。

 

因みに私は、カサブタを剥いてしまった部分には抗菌剤の入った塗り薬(ポリ)を塗っている。

 

またガリガリ引っ掻いてザラザラになっている部分には、ヘパリン類似物質配合の塗り薬(ヘパソフトプラス)を使っている。

 

因みにヘパリン類似物質とは、肝臓で作られる「へパリン」という物質と似た成分で、保湿・血行促進・抗炎症作用の3つの働きがある。

 

ヘパリン類似物質は、肌に浸透して、内側から新陳代謝を促すので、表面的な保湿とは違い、乾燥肌やザラザラの肌を改善する。

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加