悪玉菌を滅菌しても効果は続かない

AD発症(アトピー性皮膚炎)になっている人の肌には、黄色ブドウ球菌が大発生しているらしい。

 

そして黄色ブドウ球菌が増えることで、AD発症(アトピー性皮膚炎)の症状が酷くなるらしい。

 

なので自分の皮膚炎が二の腕から、肩や背中、腹から足まで拡がったのも、黄色ブドウ球菌のせいなのかも知れない。

 

ボリボリと患部を掻きむしったあとに、身体の他の部分を掻いたりしていたせいで、バイ菌をあちこちに植え付けて行ったと言うことなのかも知れない。

 

となると、やるべき事は2つに絞られる。

 

  • 身体をボリボリ掻くのを止める
  • バイ菌が拡がるのを防ぐ

の二つだ。

 

これ以上カサブタを増やさないためには、身体をボリボリ掻くのを止め、全身のバイ菌を殺菌して、指先もこまめに洗うこと。

 

ところが現実には、ボリボリ身体を掻くのは止められないんだよね。

 

アトピーにしても、慢性痒疹にしても、なぜ痒くなるのかという部分は、よく分かっていないのだ。

 

かゆみ止めの薬を塗っても、レスタミンなどの抗ヒスタミン薬を飲んでも、痒みはほとんど引かない。

 

さらに薬が効いている間は、掻くのを我慢できたりもするが、朝起きてボンヤリしているウチに、バリバリと引っ掻いてカサブタをはがしていたりする。

 

これでは「掻かない」なんて無理だって分かる。

ボリボリ掻くのは、実際問題として止められない。

 

となると、とにかくこれ以上、患部が拡大するのだけは阻止しよう。

 

そのために、殺菌力の強い石けんやボディーソープ、黄色ブドウ球菌に対して抗菌力があるというココナッツオイル等を、べたべたと身体に塗ったりしてみた。

 

ココナッツオイルに多く含まれている「ラウリン酸」という成分が、強い抗菌力を持っているらしい。

 

なのでコレを毎日のように患部に塗り始めた。

 

自分の手でオイルを塗ると背中などが塗りにくいので、風呂を上がる直前にココナッツオイルを風呂に入れて、油膜が出来たら、そこからゆっくり立ち上がる、なんてこともやってみた。

 

それが皮膚炎の発症からおよそ1年後、ちょうど57歳になった頃の話だ。

 

その結果、どうなったかは、また後で画像で紹介するが、太ももやスネに拡がったカサブタは、それ以上拡がらなくなった。

 

どうやら一定の効果はあったらしい。

 

でも実は、また別の問題が発生した。

 

それが「陰嚢湿疹」(いんのう・しっしん)という皮膚病だった。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加