爪で掻いてないところにできた痒疹の謎

慢性痒疹(ようしん)に悩まされて1年半。

 

抗菌剤入りの軟膏や、抗真菌剤入りのボディーソープなど、肌に住む悪玉菌が、異常増殖しないような工夫を行い、光明を見いだした。

 

というのも下半身まで拡がっっていた痒疹がそれ以上増えなくなり、快方に向かったのだ。

 

朝晩の猛烈な痒みで毎日のように身体を掻きむしってはいたのだが、それでも太ももやスネなどの痒疹は少しずつ治って行った。

 

その一方で、腕や腹の痒疹は、そう簡単には治っていかなかった。

 

手首から肘までの小手部分の痒疹は治り始めたのだが、二の腕や肩、腹などの症状は一進一退でなかなか治らない。

 

無意識に身体を引っ掻いたりカサブタをはがしたりしては、薬を塗るという毎日。

 

朝晩の猛烈な痒みも、相変わらず続いていた。

 

木綿のインナーシャツも、抗菌洗剤で洗って抗菌力を高めてみたが、もう一つ。

 

そうこうしているうちに、不思議なことに気がついた。

 

指先が届かないような背中に、なぜか痒いカサブタが、一個だけできたのだ。

 

指が届かない場所に、なぜそんなモノがポツンとできたんだ?

 

そうして自分の身体を探してみると、赤くて痒いプツプツが、何個もあるのを発見した。

 

コレはいったい何なんだろう?

 

今まで全く気づかなかったし、57歳になるまで気にしたこともなかったのだが。

 

ただこの赤いプツプツを何とかしなければ、厄介な痒疹は治らないと思った。

 

そして薬を塗るだけではなく、肌に良い栄養素を摂ることも必要だと考え始めた。


指の届かない背中に新しく出来た痒疹。

 

今までは自分の指と爪で引っ掻いた場所に、痒い痒疹ができるモノだと思い込んでいたが、どうもそれ以外の発症パターンもあるらしい。

 

そもそも痒疹が起こる原因は、虫刺されやダニ、アレルギー性皮膚炎、内臓の病気、金属アレルギー等々と、ハッキリしておらず、治りにくいモノは「難治性慢性痒疹」と診断されるだけらしい。

 

自分の指が届かない部分にできた小さな赤い痒疹も、ダニなのか、それとも何もないのに出てきたのか、その辺りは全く分からない。

 

しかし57年生きてきて、全く意識にも上って来なかったわけだから、今まではそういうモノができても大事にならなかったということらしい。

 

となると、自分自身の体質が変わったとしか考えようがない。

 

今までだって、身体をボリボリ掻きむしることはよくあったのに、痒疹には発展しなかったのだから。

 

ではなぜ今まで問題にならなかったのかというと、出来物ができる速度より、治る速度の方が少し速かったと言うことだろう。

 

今までは、皮膚を引っ掻いて傷を付けても、3日もあれば収まって、1週間もあれば治っていたのだが、それが何らかの原因で長引いている。

 

皮膚病がここまで酷くなってしまったのは、治るスピードが以前より遅くなったんだな。

 

治るスピードが若いときより遅くなっているのに、何の対処もしていなかった結果、痒疹の数がジワジワ増えていって、最後には一日中痒みと戦う羽目になったのだ。

 

もしこの考えが正しければ、傷が治るスピードを速めれば、この痒疹地獄から抜け出せるはず。

 

ではどうすれば、肌の回復速度を上げることができるのか。

 

そこで思いついたのが、ニンジンのカロテンで、毎日、生ニンジンのジュースを作って飲むことにした。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加