50を過ぎてから、皮膚炎になった

56歳のある日、気がついたら、皮膚炎になっていた。

 

最初は右腕の内側、肩に近い柔らかい部分が痒くなり、それをボリボリ掻いていた。

 

その結果、5個から10個くらいカサブタが出来て、毎日のようにそれを掻いて剥がしていた。

 

しばらくすると今度は、左腕の同じ場所も痒くなり、同じようにカサブタが出来るようになった。

 

痒いのでガリガリ掻きむしっていたのだが、さらにそれがだんだん二の腕全体に拡がり、肩や背中へと拡がっていった。

 

当時の私はまだ、スキンケアとか、皮膚の病気について、ほとんど全く何の知識も持っていなかったため、手も洗わずに体中を掻きむしっていた。

 

皮膚炎に細菌が感染していることも知らないから、ばい菌や雑菌が増えている箇所をボリボリ掻いて、それを身体の他の場所に、植え付けるようなことをしていたらしい。

 

そうして、一年くらい経った頃には、上半身はもちろん、足までかさぶたが出来るようになって、毎日数時間も身体を掻いているという状態になった。

 

朝起きて1時間ほど身体を掻きむしり、昼寝をしようと横になると、また身体が痒くなって掻きむしる。

 

夜寝る前ももちろん身体が痒くなって1時間以上もボリボリ掻いていたりした。

 

インターネットで「かさぶたが増える病気」と検索しても、何にも情報を得られなかった。

 

で、これが「痒疹(ようしん)」と呼ばれる、ちょっと厄介で難儀な皮膚病だと知ったのは、体中に痒疹が拡がった頃だった。

 

ということで、このサイトでは、私がかかった皮膚炎や、アンチエイジング、スキンケアなどについて体験談をまとめてみることにする。

 

お役に立てば幸いだ。